家電の賢い選び方を解説するサイトです

  ホーム>電動シェーバー(髭剃り)の選び方について
お知らせ

※現在サイト充実に向けて毎日更新中。もう少しお待ちください。検索は完成直前まで稼働出来ません。
サイト内検索
工事中
お気に入りに追加
このサイトをお気に入りに追加


おすすめ


メニュー 電動シェーバー(髭剃り)の選び方
OSについて
本体の形
性能の見方
買い方

セキュリティ
画像編集
ホームページ
オフィス
はがき作成

モニタ
モニタアーム
キーボード
マウス
プリンター
無線LAN
Bluetooth
外付けHDD
ペンタブ
再生ドライブ
地デジ
ビデオカード
OAタップ

TVゲーム機
携帯ゲーム機

シェーバー
ヘアアイロン
空気清浄器
血圧計
口腔洗浄器

浄水器
IH調理器

電話機
 電動シェーバー(髭剃り)の選び方についてです。多くの男性にとっては必需品ですが、意外と適当に買っている人も多い電動シェーバーの種類や選び方のポイントを紹介します。
 



電動シェーバーの種類

 電動シェーバーは大きく分けて3種類のタイプがあります。
 
 1種類目はPanasonicのラムダッシュシリーズに代表される往復式と呼ばれるタイプです。最も一般的なタイプで、深剃り・早剃りに適しているが内刃が激しく振動するために大きな音が鳴り、肌が傷つきやすいという特徴があります。一般的に刃が多いほど面積が広がり、早く深く剃ることが出来ます。3枚刃が主流ですが4枚刃の製品 や最近では5枚刃の製品 も登場しています。刃の交換は1~2年が目安です。



 2種類目はPhilips(フィリップス)社が中心となって販売している回転式と呼ばれるタイプです。往復式に比べると深剃りが難しく、剃るのに時間がかかりますが、刃が同じ所を回り続ける為静かで、肌に非常に優しく使用後のピリピリとした痛みをほとんど感じません。また柔らかい毛や長い毛は構造上往復タイプよりもよく捕まえ、産毛も剃れます。最近は刃の進化に伴い、かなり深剃りも出来るようになってきたようです。高性能な製品だと自動で研磨される為注油が要らず、刃の交換も5年が目安と非常に長持ちです。また飛び散りが殆どありません。



 3種類目は日立が販売しているロータリー式と呼ばれるタイプです。見た目は往復式とほぼ同じですが、内刃が円柱の形で回転します。深剃りは回転式よりはしやすく往復式ほどではないと言った感じです。肌への負担の少なさや音も、回転式と往復式の中間にあたります。刃の寿命は外刃は往復式と変わらず1年程度で、内刃は3年ほどです。




 往復式の電動シェーバーは肌がそれほど弱くなく、なるべく深剃りがしたいという人におすすめです。最も普及しているタイプだけあって選択肢が豊富で、使い慣れている人が多いと思います。

 回転式の電動シェーバーは、肌が弱く傷つきやすい人やより静かな髭剃りが欲しい人、またメンテナンスの手間を少なくしたいという人、車の中などで切った毛が飛び散るのを防ぎたい人におすすめです。ただ剃り方に少し癖があり、慣れるまでは違和感を感じると思います。

 ロータリー式の電動シェーバーは、肌が傷つきやすいがなるべく深剃りがしたい人や、回転式がいいんだけど使い慣れた往復式と同じように使いたいという人におすすめです。ただ中途半端なせいか期待はずれだったと感じる人が多いようです。




その他購入時に気をつけること

・メンテナンス
 買う前にはメンテナンスの方法を確認しておきましょう。洗い方や刃の交換時期、替刃や洗浄液の価格など。最近は洗浄機がセットになっている場合も多いです。メーカーの公式サイトに行くと書いてあります。


・充電・電池の持ち時間
 特に旅行などで持ち運びたいという人や、なるべく充電回数を減らしたいという人は確認が必要です。これも通販サイトやメーカーの公式サイトに記載されています。


・海外対応
 これは必要な人だけでいいと思いますが、海外へ行く人は確認しておきましょう。高級機はAC100~240Vと海外でも問題なく使える作りになっている事も多いです。


・ウエット使用可能か
 最近の電動シェーバーは大体対応しているので問題ないかもしれませんが、一応確認しておくべきでしょう。特に有力メーカー以外の製品を買う場合は要チェックです。




・おすすめの電動シェーバー

 以上を踏まえた上で、現状で「自分ならこれを買うな」という電動シェーバーを紹介します。購入の際に参考にしてみてください。


・往復式のシェーバー
 往復のシェーバーならやはりPanasonicのラムダッシュシリーズがおすすめです。ブラウン製品も有名ですが、最近はPanasonic製の方が一歩進んでいて売れ筋・評判共に上な印象を受けます。
 左の「ES-ST21」は3枚刃、中央の「ES-SF21」は4枚刃、右の「ES-LV50」は5枚刃で、いずれも防水・水洗い可・海外使用OKな2011年の新作です。下の3つはそれぞれの自動洗浄機付きモデルですが、3枚刃は少し古いタイプのものとなっています。(新作は3枚刃の洗浄機付きバージョンを発売していない。)






・回転式のシェーバー
 回転式シェーバーならやはりほぼ回転式の市場を独占しているPhilips製のシェーバーがおすすめです。使いやすさ、深剃り…etcとどれをとっても信用度が高く、非常に評判がいいです。
 左のRQ1160は防水・水洗い可・海外対応の現行最新モデルです。右はその上位モデルにあたる「RQ1250」で、下位モデルにはない3D駆動によってより顎にフィットさせて剃ることが出来、より早剃り・深剃りを実現しています。下はそれぞれの充電・洗浄機付きモデルです。






・ロータリー式のシェーバー
 ロータリー式は日立が発売しています。現在の最新機種は「RM-GTX1」と「RM-GTX2」で、上位モデルの「RM-GTX2」は、ヒゲの多さや濃さに合わせて、ヒゲの多い場所にはパワフルに、ヒゲの少ない場所にはノーマルにパワーを自動的にコントロールする「ヒゲナビ」を搭載しています。いずれも海外対応で防水、そしてヘッドホルダーを外して流水に当てながら電源を入れると「内蔵クリーニングウォッシャー」が作動して外刃と内刃を同時にきれいにすることが出来ます。