家電の賢い選び方を解説するサイトです

 ホーム>ペンタブの選び方
お知らせ

更新(2016/12/14)
サイト内検索
工事中
お気に入りに追加
このサイトをお気に入りに追加


おすすめ


メニュー ペンタブの選び方
OSについて
本体の形
性能の見方
買い方

セキュリティ
画像編集
ホームページ
オフィス
はがき作成

モニタ
モニタアーム
キーボード
マウス
プリンター
無線LAN
Bluetooth
外付けHDD
ペンタブ
再生ドライブ
地デジ
ビデオカード
OAタップ

TVゲーム機
携帯ゲーム機

シェーバー
ヘアアイロン
空気清浄器
血圧計
口腔洗浄器

浄水器
IH調理器

電話機



 ペンタブの選び方についてです。ペンタブはペンタブレットを略したもので、主にパソコンでイラストを書くときに使います。パソコンでイラストを描こうと思ったら必須になるので、パソコンで絵を書くことにに興味がある人は購入を考えないといけません。ここではペンタブの性能の見方や、選び方について解説し、オススメのペンタブを紹介します。





性能

 ペンタブの性能で、カタログに書いてあるような内容で判断材料になるのは、筆圧レベルと大きさ位しかありません。筆圧レベルとは、「どれくらい細かく筆圧を表現できるか?」というもので、大体1000〜2000位の間になります。大きさはそのまま絵を描ける範囲とペンタブ自体の大きさになります。自分の作業スペースが許す限り大きめのものを選んだほうが描きやすいです。




おすすめのペンタブ

 性能に関して少し解説しましたが、実際は筆圧レベル以上に使用感やセンサーの性能、描き心地などが重要になります。その為自分で量販店に試し描きに行ったり、クチコミを参考にする必要があります。また、正直な話、現在は使い勝手や性能、使用感など様々な面で「Intuos4」が他を圧倒しています。なので本格的に絵を書く場合は勿論、しばらく使うつもりならIntuos4を買うと後悔しないと思います。


・リーズナブルで、趣味レベルでは必要十分のペンタブ
 趣味で使う入門用のペンタブです。各種ソフトも付属しており、このペンタブを買うだけで、趣味で絵を描く環境は整います。性能もアマチュアレベルでは十分なもので、とりあえずパソコンで絵を描きたい人におすすめです。



 楽天検索結果




・アマチュアからプロまで幅広く使える王道ペンタブ
 予算がある程度とれるなら、絶対にIntuos4がおすすめです。圧倒的な人気を誇るだけの使い勝手の良さと、紙に書いているような描き心地から、「ペンタブはこれ一択」という人も多いです。実際、プロやプロ志望の人はかなりの人がIntuos4ですし、趣味で絵を書いている人でも予算さえあればIntuos4を使っています。初めに他のペンタブレットを使っている人が、お金を貯めてIntuos4を買うケースも多いので、初心者の方でも買って損はありません。
 現在の最安値はamazonのようです。下のリンクは左からS、M、Lとなっていています。Sは小さめなので、一般的にはMをおすすめします。Lだとキーボードよりも大きくなってしまうのでスペース的な余裕が必要です。絵を書くときに大きいほうが絶対有利なので、プロレベルで描く場合や、スペースの都合がつくならならLを推奨します。



 楽天検索結果  楽天検索結果  楽天検索結果