家電の賢い選び方を解説するサイトです

 ホーム>キーボードの選び方
お知らせ

更新(2016/12/14)
サイト内検索
工事中
お気に入りに追加
このサイトをお気に入りに追加


おすすめ



メニュー キーボードの選び方
OSについて
本体の形
性能の見方
買い方

セキュリティ
画像編集
ホームページ
オフィス
はがき作成

モニタ
モニタアーム
キーボード
マウス
プリンター
無線LAN
Bluetooth
外付けHDD
ペンタブ
再生ドライブ
地デジ
ビデオカード
OAタップ

TVゲーム機
携帯ゲーム機

シェーバー
ヘアアイロン
空気清浄器
血圧計
口腔洗浄器

浄水器
IH調理器

電話機



 キーボードの選び方についてです。「キーボードなんてどれも同じでしょ?」という人も多いと思います。正直、確かにそんなに変わりません。しかし、それでもやはり多少は違いなんかもあり、良し悪しもあります。パソコンを使う中で、もし不便なキーボードを買ってしまうと、性能が悪いパソコンを使うよりもストレスが溜まります。ここではキーボードの選び方と、おすすめのキーボードについて解説します。





無線と有線

 現在は無線のキーボードと有線のキーボードがあります。また、無線の中にもBluetoothのものと、自社規格の無線を使っている場合の2種類があります。
 まず無線か有線かですが、これは基本的に無線のキーボードで決定だと思います。というのも、使用感はどちらも違いがありません。有線のキーボードを買うつもりがあるという人は、恐らく「デスクトップだから関係ないし、無線のキーボードのほうがずっと値段が高い」と思っている人だと思います。しかし、最近はかなり安い無線のキーボードが出てきています。なにより、無線のほうが圧倒的に便利です。キーボードが机に占める面積はかなり大きいので、ふと、机で作業したい時なんかに、無線のキーボードだと退けておくだけでいいですが、有線のキーボードだとUSBから外したり、コードが邪魔だったりと手間がかかります。一回一回は大したことではないですが、毎日使うものなのでちょっと位は高くなっても無線のキーボードにしましょう。無線のキーボードを一度使うと、有線の煩わしさには耐えられませんよ。
 次に無線の時、Bluetoothにするか、そうでないものにするかですが、これは正直どちらでもいいです。勿論、使う予定の機器にBluetoothが搭載されているなら、Bluetoothのキーボードにすれば新たにUSBを使わなくて済みます。しかし、逆にこれくらいしかメリットがないです。USBもハブを使えば簡単に増やせますしBluetoothに関しては、気にせず気に入ったものを買いましょう。Bluetoothが搭載されていないなら、別途用意する必要のない自社規格の無線キーボードがいいでしょう。


・有線キーボードにする場合
 無線のキーボードを強く勧めてきましたが、いくつか無線に出来ない(無線タイプが出ていない)用途のキーボードがあります。
 1つ目は、メカニカルタイプのキーボードを使いたい場合です。これは一般のキーボードとは違う仕組みをもつキーボードで、独特のタッチ感があります。値段も全体的に跳ね上がる上に、無線にも出来ないと、こだわらない人にとってはいいところが無いんですが、使ってみると絶妙な押し心地の虜になる人も多いです。
 2つめはゲーム用のキーボードを使いたい場合です。ゲーム用キーボードとは、一般利用よりもずっと高いレベルを要求する人用で、ゲームマニア以外は関係ありません。大量のマクロや、無線では対応できない数十のキー同時押しなんかを使いたい人は、必然的に有線のキーボードになってしまいます。







キーボードの種類

 大体同じなキーボードですが、いくつか選ぶ際に参考になると思われる項目を紹介します。


・テンキーの有無
 これは言わなくても気にすると思いますが、買う際にはテンキーの有無を確認しましょう。テンキーとはキーボードの右に付いてる電卓みたいな場所です。テンキーはあれば数字の入力がだいぶ楽になりますが、同時にキーボードが大きくなってしまいます。値段は変わらないので、スペースが許すならテンキー有り、スペース的に狭かったり、モバイル用途ならテンキーなしを選びましょう。


・モバイル用途かそうでないか
 モバイル用途の場合は、出来るだけ小さくて、なおかつ打ちにくくなっていないキーボードを選ぶ必要があります。最近は折り畳めるものが出ていますので、これがおすすめです。


・ショートカットの有無
 大手のいいキーボードでは、カスタマイズ出来るショートカットキーが付いていることがあります。iTunesやインターネットブラウザ等のよく使うアプリをボタン一つで起動することが出来ます。興味がある人はショートカットキーが付いているものにしましょう。


・マウスとセットか否か
 最近のキーボードはマウスとセットの場合が多いです。いまからキーボードもマウスも買う人はセットの方がいいでしょう。値段もそんなに高くないので、またUSBを1つしか使わないで済む利点もあります。この機にマウスも無線にしてみてはいかがでしょうか。







おすすめのキーボード

 キーボードはロジクールかマイクロソフト・エレコムがおすすめです。マウスとキーボードの大手メーカーで、品質がやっぱりいいでし、値段も安いです。ノーブランドだと、無線が不安定だったり、電池のなくなるのが早いことがあります。値段もそう変わらないし、キーボードも一度買ったらしばらく使うものなので、数百円安いノーブランドよりも、しっかりした作りで使い勝手のいいものを買いましょう。通販では、アマゾンがオススメです。レビューが多いのもそうですが、商品を大量に扱っているせいか最安値のことが多いです。


ロジクール



・据え置きで使い勝手のいいコスパ重視のキーボード
 一番左はマウスセット、真ん中は無線のキーボード、一番右はBluetoothです。







・据え置きで少し良いキーボード
 左はバックライトがついていてかなり人気のあるデザインです。また、充電式で電池もいりません。
 真ん中はソーラーパネル搭載で電池不要なタイプです。
 右はホットキーが付いているキーボードの中ではかなり安いキーボードです。







・キーボードにはこだわりたいという人向けのキーボード
 左は液晶が付いていて、音楽や時間等様々な管理ができる万能なキーボードです。
 真ん中はスタイリッシュで操作性に優れたキーボードですが、テンキーがありません。
 右はメカニカルのキーボードです。独特のタッチ感で、疲れにくく、字を書く仕事をしている人からは絶大な支持を得てますが、有線です。







・ゲーム用のハイスペックキーボード
 ゲーム用にハイスペックなキーボードが欲しい人向けです。26キーの複数押しや、マクロ・ショートカットキーに対応しており、FPS系のゲームをするなら必須と言えるでしょう。





・モバイル利用に適した、コンパクトなキーボー
 iPadやiPhone・モバイルパソコン向けのキーボードです。左は折り畳めるBluetoothのタイプ。真ん中はコンパクトな無線。右はマウス操作も出来るキーボードです。