家電の賢い選び方を解説するサイトです

 ホーム>浄水器・整水器について
お知らせ

更新(2015/5/13)
サイト内検索
工事中
お気に入りに追加
このサイトをお気に入りに追加


おすすめ
>

メニュー 浄水器・整水器の選び方
OSについて
本体の形
性能の見方
買い方

セキュリティ
画像編集
ホームページ
オフィス
はがき作成

モニタ
モニタアーム
キーボード
マウス
プリンター
無線LAN
Bluetooth
外付けHDD
ペンタブ
再生ドライブ
地デジ
ビデオカード
OAタップ

TVゲーム機
携帯ゲーム機

シェーバー
ヘアアイロン
空気清浄器
血圧計
口腔洗浄器

浄水器
IH調理器

電話機



 最近は使っている人も多い浄水器。しかし商品ごとの違いがこれほど分かりにくいものもありません。様々な機能を謳う浄水器ですが、実際どんな違いがあるか、どうやって選べばいいのかを解説します。なお厳密には違うものですが、以降は整水器も浄水器と表記します。



浄水器の機能とは

 浄水器には大きく2つの機能があります。一つは全ての浄水器に共通する「水から不純物を取り除く」という機能です。最も大きな不純物は塩素でしょう。水から塩素臭さが消える事は、多くの人が実感出来るはずです。逆に塩素以外には重大な不純物はありません。そもそも水道水の安全基準は天然水よりもずっと厳しいものですし、中でも日本の水は基準が厳しく、健康を害する可能性は皆無です。赤かびなど住宅側に原因がある場合を除き、「トリハロメタンを取り除く」等の謳い文句は実用上意味のあるものではありません。
 2つ目の機能は「水を美味しくする」という機能で、一番大きいのは酸性度の調整してアルカリイオン水を作ることです。これはある程度大型の浄水器にしか付いていない機能ですが、水を少しアルカリ性にすることで食品に水をしみやすくし、栄養や旨味を濃く抽出する事が出来ます。同時にアルカリイオン水は健康への効果が認められており、厚生省の認可を得ています。また、洗浄用としても効果を発揮します。



浄水器の設置について

 浄水器は大きく二種類の設置方法があります。
 一つ目は蛇口に取り付けるタイプです。左のような形状をしており、一番の魅力は省スペースなことです。欠点は基本的にアルカリイオン水を作る機能はなく、効果が不純物の除去に限定され、また浄水カートリッジの寿命が短く、三ヶ月程度で交換しなくはならないことです。
二つ目は水道の横に機械を設置する据え置き型です。アルカリイオン水の精製が可能、カートリッジも一年から二年程交換不要ですが、少しスペースを必要とし、多機能な分高価です。

定評のある浄水器について

 左の三菱レイヨン・クリンスイ CSP701 は、取り付け型で最もおすすめの浄水器です。浄水器では一番評判の良い三菱レイヨン・クリンスイ製であり、浄水能力は折り紙つきです。またこの機種の一番の特徴は液晶画面で水量やカートリッジ取り替えの情報が確認出来る点です。三ヶ月毎のカートリッジ交換は忘れがちになりますし、本当はカートリッジの交換時期は使用した水の量に左右されます。なので実際にはまだ使えるカートリッジを早め早めに交換するのがセオリーですが、この浄水器は水量を管理して適切な交換時期に知らせてくれるので、カートリッジの無駄が減ります。カートリッジは一本2000円程度しますし、使用状況で交換頻度は数ヶ月ずれる事は普通なのでランニングコストを考えると適切な交換時期が分かる機種が断然おすすめです。
 右のMONO MD101は一番売れている浄水器です。浄水以外には何も機能がありませんが、三菱レイヨン・クリンスイ製の信頼に加えてカートリッジと大差ないほどの低価格です。とりあえず浄水器を安価に試してみたいという方にはおすすめです。

      


 左のパナソニック TK-AS43は定番の据え置き型浄水器です。パナソニック製で、フィルターの交換頻度は二年と最長です。浄水は勿論、アルカリイオン水を始めとしたPHの調節機能が充実しており、飲用に炊飯用など三段階のアルカリイオン水と、赤ちゃんのミルクに使う中性の浄水、更に洗顔用の弱酸性水まで精製することが出来ます。デザインも秀逸で操作も簡単です。
 右の日本ガイシ C1 CW-101は家庭用としては最も性能が良い浄水器です。パナソニックのTK-AS43を凌ぐ圧倒的な不純物の除去機能を持ち、また水量が多く、鍋に大量の水を入れる際にもストレスを感じることがありません。しかし液晶はカートリッジの交換表示のみで、細かいPHの調整はTK-AS43に劣ります。