家電の賢い選び方を解説するサイトです

 ホーム>画像編集ソフトの選び方
お知らせ

更新(2016/12/14)
サイト内検索
工事中
お気に入りに追加
このサイトをお気に入りに追加


おすすめ



メニュー 画像編集ソフトの選び方
OSについて
本体の形
性能の見方
買い方

セキュリティ
画像編集
ホームページ
オフィス
はがき作成

モニタ
モニタアーム
キーボード
マウス
プリンター
無線LAN
Bluetooth
外付けHDD
ペンタブ
再生ドライブ
地デジ
ビデオカード
OAタップ

TVゲーム機
携帯ゲーム機

シェーバー
ヘアアイロン
空気清浄器
血圧計
口腔洗浄器

浄水器
IH調理器

電話機



 画像編集ソフトの選び方についてです。最近は写真の編集やイラストの作成など、パソコンで画像を扱う人が増えています。画像編集ソフトは、実はそんなに種類もなく、利用用途によっては2択や3択、下手すると選択肢は実質1つしかないなんて場合もあります。しかし、逆にいえば利用用途に適したソフトを選ばないと、物足りなかったり、不要な機能満載の高価なソフトを買ってしまう場合もあります。ここでは、用途別におすすめの画像編集ソフトを紹介します。


※どのソフトも、ビックカメラやヤマダ電機等だと1000~2000円ほど高くなるので、amazonでの購入をおすすめします。下手するとIllustratorやPhotoshopは1万円近く差が出る場合があります。他通販サイトを利用する場合は、送料が1000円近くかかることもあるので、注意してください。


・写真を綺麗に編集したい
・写真からビデオを作りたい
・チラシ・掲示物・名刺・ラベルなどを作りたい
・パソコンで漫画を描きたい
・パソコンでイラストを描きたい
・ベクター画像を作りたい




写真を綺麗に編集したい

  一般の人が写真を編集するレベルなら、高価なソフトは必要ありません。むしろ、機能が多すぎて使いにくいです。
 使いやすく、値段も手頃な写真編集用の画像編集ソフトなら、「デジカメde!! 同時プリント」が非常におすすめです。このソフトはは撮った写真の手ぶれやピンぼけを修正して、コントラストや光の加減を調節して綺麗にしてくれます。そして一番注目すべきは、これらの操作がボタン1つで簡単に出来ることです。同じことをPhotoshopでしようとすると、節する項目も多く、かなり手間がかかって難しいです。 なにより安いので、写真をパソコンに入れている人は「デジカメde!! 同時プリント」は持っていて損はないと思います。
 プレミアムBOXは、アルバム管理ソフトや、オリジナルはがき作成ソフト、「デジカメde!!ムービーシアター」の簡易版が付いたお得なパックです。とはいえ!ムービーシアターはあくまで簡易版なので、本格的にムービーシアターを使いたい人は、ちゃんと「デジカメde!!ムービーシアター3」を買ったほうがいいです。


 もっと細かく設定や色の調節をしたいという人には、「Capture NX 2」がおすすめです。一眼レフなどを持っていて、写真にこだわりがある人や、仕事で写真を使うような人は「Capture NX 2」がいいでしょう。写真だけならPhotoshopでなくても十分です。細かい色の調節も直感的に出来ますし、ちゃんと調節すれば見違えるほど綺麗になります。



 楽天検索結果  楽天検索結果  楽天検索結果




写真からビデオを作りたい

 写真からビデオを作るなら、「デジカメde!!ムービーシアター3 」がおすすめです。これは写真を使って、スライドショーのようなムービーが簡単に作れるソフトで、DVDに焼いたり、MP4で出力することが出来ます。テレビで気軽に見られるようになるので、人気があります。BGMや効果の導入も簡単に可能です。また、結婚式のプロフィールビデオの作成や、プレゼンテーション用に使う人も多いようです。



 楽天検索結果




チラシ・名刺・ラベルなどを作りたい

 
 画像を使って様々なアイテムを作成したい場合は、一般利用なら「ラベルマイティ」がおすすめです。このソフトはラベルの製作は勿論、画像を切り貼りして様々なものを簡単につくることができます。様々な効果を挿入することも出来、多彩な機能を持っているにもかかわらず、比較的安価で非常にコストパフォーマンスが高いです。家庭で使うなら正直「ラベルマイティ」一択だと思います。プレミアムはPDF出力や簡単な地図製作機能がついてます。


 より本格的に掲示物を作ったり、印刷所に頼むようなポスターの作成、仕事などで使うなら「パーソナル編集長」がおすすめです。地図やデザイ文字、グラフ作成機能も優れていて、イラストを4600点以上、フォントを12書体収録しています。豊富なテンプレートに加えて、自動でレイアウトを整えてくれる機能もあり、簡単に「素人っぽくない」掲示物やポスターを作ることが出来ます。



 楽天検索結果  楽天検索結果  楽天検索結果




パソコンで漫画を描きたい

 パソコンで漫画を作りたいという人は、正直コミックスタジオ一択になります。他のソフトもいくつか出ていますが、現状ではコミックスタジオが他を圧倒しています。機能の多さは勿論、コストパフォーマンスにおいても非常に優秀です。用途に合わせて3種類あり、アマチュアからプロまでパソコンで漫画を作る人はほぼ全員が使っています。
 アマチュアでDebut、とりあえず初めてみたいという人はアマチュアだけど本格的にやってみたいという人はpro、プロやプロを目指したい人はEXを選ぶのがいいと思います。しかし、初めにDebutを買って、その後漫画をずっと描くうちにproを買えばよかったと後悔する人が非常に多いようです。長く描く予定なら頑張ってpro以上を買ってみるのもいいと思います。



 楽天検索結果  楽天検索結果  楽天検索結果



パソコンでイラストを描きたい

 この場合はSAIが定番です。安価ですが、プロレベルの使用に耐える超優秀なソフトです。プロからアマチュアまで幅広い人が使っています。まずSAIは必須でしょう。しかし、SAIは「お絵描きに特化したツール」というコンセプトなため、完成の為の編集機能は完全に切り捨てて作られています。そこで編集の為に、大体他のソフトと併用することになります。SAIは公式サイトでのダウンロード販売のみです。


 編集ソフトとして最も優れているのは、間違いなくPhotoshopです。業界標準で編集性能は他を圧倒しています。汎用性・安定性も非常に高く、単体でも十分イラストの製作が可能です。SAIもPhotoshopとの連携を前提にしている部分があり親和性も高いです。また、印刷所に入稿する際は、データの信頼性と互換性から、他のソフトを使用しても最終的にはPhotoshopで保存したデータでの入稿を推奨されることがあります。しかし、非常に高価で、アマチュアには手が出しにくいのが難点です。学生や教員は安価なアカデミック版を買うことが出来ます。


 一般の人におすすめなのは、Paint Shop Photo Proです。Photoshop用のプラグインフィルタも使え、多くの画像ファイルと多彩な機能でPhotoshopの対抗馬になりえる優良ソフトです。このソフトは多機能である上に、一万円台とコストパフォーマンスがとてもいいです。アマチュアのレベルでしたら、こちらで十分です。
 同じ値段帯に、Photoshopの廉価版のPhotoshop Elementsがありますが、機能的にはPaint Shopの方が上です。

SAI→http://www.systemax.jp/ja/sai/

 楽天検索結果  楽天検索結果  楽天検索結果   ↑楽天検索



ベクター画像を作りたい方

  ベクター画像は、いわば「拡大しても画像が劣化しない」という特徴を持つ画像です。デザインやFlashでは幅広く使うことになります。この分野ではIllustrator以外の選択肢はなくなってしまっているのが現状です。Illustratorは普通の絵を描く要領でベクター画像を描くことが出来、更にPhotoshopとの連携で非常に自由度が高いです。
 どうしてもIllustratorが高くて購入できない場合は、フリーソフトのInkscapeがそこらの有料ソフトより高機能です。教員や学生の方は安価なアカデミック版が買うことができます。

Inkscape→http://inkscape.org/index.php?lang=ja

 楽天検索結果  楽天検索結果