家電の賢い選び方を解説するサイトです

 ホーム>空気清浄機について
お知らせ

※現在サイト充実に向けて毎日更新中。もう少しお待ちください。検索は完成直前まで稼働出来ません。
サイト内検索
工事中
お気に入りに追加
このサイトをお気に入りに追加


おすすめ


メニュー 空気清浄機の選び方
OSについて
本体の形
性能の見方
買い方

セキュリティ
画像編集
ホームページ
オフィス
はがき作成

モニタ
モニタアーム
キーボード
マウス
プリンター
無線LAN
Bluetooth
外付けHDD
ペンタブ
再生ドライブ
地デジ
ビデオカード
OAタップ

TVゲーム機
携帯ゲーム機

シェーバー
ヘアアイロン
空気清浄器
血圧計
口腔洗浄器

浄水器
IH調理器

電話機





 空気清浄機の選び方についてです。空気清浄機は大きく「集塵(空気中の汚れやアレルゲンを取る)」「脱臭」「除菌」の効果を持っていて、最近では更に加湿もできるタイプも増えています。花粉症対策や小さな子どもの健康管理、タバコの消臭などで効果を発揮し、アレルギーを持っている人や赤ちゃんの居る家庭では必須と言えるでしょう。また放射能対策としても非常に有効であることがわかっており、福島原発の事故以降更に重要度が増しています。ここではそんな空気清浄機の選び方のポイントをわかり易く解説します。




ファン式とイオン式

 空気清浄機には、ファンを回して空気を吸い込み、その空気をフィルターでろ過するファン式と、放電して塵やホコリを帯電させて集塵するイオン式の二種類があります。ファン式は高性能だが音が大きく、イオン式は性能は低いが静かという特徴がありますが、最近はファン式も静かで市販されているのは大体ファン式です。またファンと併用してイオン式の集塵もしている事が多いです。正直この項目はあまり気にしなくていいでしょう。




集塵フィルター

 JIS規格のHEPAフィルターとそうでないものがあります。HEPAフィルターとは「タバコの煙を一度フィルターに通過させ、99.97%以上集塵出来る」フィルターのことです。これは「殆ど全ての種類の細菌をほぼ100%完全にシャットアウト出来る」という意味だと受け取ってもらって構いません。大手国産メーカー製でもHEPAフィルターとそうでないのがあるので注意が必要です。勿論HEPAフィルターでなくても大手メーカーでしたら十分な集塵性能を持っている場合もありますが、迷ったらHEPAを謳った製品を買うのがいいでしょう。なお例外として、花粉症対策として空気清浄機を買う場合は、花粉はタバコや最近に比べて大きいので、フィルター性能についてはあまり神経質にならなくても平気です。




脱臭効果

 ペットやタバコなどへの対策で、空気清浄機を導入する人にとっては最も大切な要素だと思います。脱臭効果に関してですが、これは正直メーカーによる差が非常に大きい部分です。これは自分で使っていても、使用者の意見を聞いても確実に言えることですが、脱臭性能は間違いなく【脱臭機>>>>シャープ製空気清浄機>他社空気清浄機】の順になります。
 消臭効果は脱臭機と言われるタイプが圧倒的に優れています。脱臭機とはジャンル的には空気清浄機に当たりますが、脱臭効果をその分脱臭機は集塵性能については一般的に空気清浄機ほど評判はよくないように感じます。
 ある程度集塵性能が欲しくて、なおかつ脱臭性能が欲しい場合(タバコ対策など)では、シャープ製の空気清浄機がおすすめです。脱臭にはイオンが効果的ですが、他社の空気清浄機に比べてシャープのプラズマクラスターは同社でイオン発生器として単独機能で売っている商品の技術を使っているためか、個人的に使った感想として効果が高いように感じます。口コミなとでも評判がいいようです。
 



メンテナンス性

 空気清浄機のフィルターはエアコンと同じように、ある程度使ったら掃除をする必要があります。それぞれの空気清浄機で掃除する場所(集塵フィルター・脱臭フィルター・イオン化ユニット…etc.)が違います。買う前には口コミやメーカーの商品紹介などを確認しましょう。ちなみに、有名なところだとダイキン製の空気清浄機は比較的手入れが大変です。面倒臭がり屋な人は避けたほうがいいかもしれません(笑)




加湿機能

 最近は多くの空気清浄機に加湿機能がついています。集塵自体には基本的には必要ないですが、あると便利なのも確かです。加湿の主なメリットとしては、一般的な加湿器と同じ『単純に湿度を上げる』という効果とそれに伴った病気予防などの他に、『空気中のホコリや花粉の舞い上がり抑制』や『イオンの発生量を上げる』、『イオンと合わせて脱臭力や清浄力の向上や美肌効果』といった空気清浄機の働きを補助するようなものも挙げられます。加湿器が別にある場合はあまり必要ありませんが、最新機種はイオン発生を助ける為か加湿機能付きが主流で値段差もほとんどありませんし、加湿機能付きの空気清浄機を購入するのが無難だと思います。中古製品を買う場合はよく考えて購入してください。




交換部品の寿命

 空気清浄機のフィルターは交換の必要が必要ですので購入前に確かめる必要があります。と言っても、最近の大手メーカーのものは脱臭フィルター・集塵フィルター共に水洗い可能で10年は交換不要などを謳っている場合が殆どですので、一応確認する程度でいいと思います。中古で購入する場合は注意してください。なおシャープのプラズマクラスター発生器は交換がいるというサイトや勘違いしている人がいますが、これはより高濃度のイオンを出すため消耗の激しい同社の「プラズマクラスターイオン発生器」のみで、空気清浄機に関しては交換不要です。




動作音

 これも大手メーカーはどこも似たような感じなので本当に確認の必要があるかは微妙なところです。メーカーサイトなどに行くと確かめることが出来ます。 弱モードで20db以下を謳っている所が多いと思います。これは呼吸なんかと大して変わらないレベルで、寝る時に使ってもまず気になりません。強モードだと50db前後が多いと思います。これはヘアコンと同じか少しうるさい位で、換気扇から1m位の場所の音です。
 



効果範囲

 大手メーカーの空気清浄機はポータブルタイプを除くと13畳~16畳を適応床面積としている製品が最小サイズになっています。「日本の部屋はそんなにでかくねぇ!」と思う人もいるかと思いますが、実はこの適応床面積は日本電機工業会で定められた「タバコ5本分の空気の汚れを30分でビル衛生管理法の基準をクリア出来るところまで綺麗に出来る範囲」を表しています。(シャープのプラズマクラスター適応床面積などは自社基準があるようです)なのでより綺麗に、より短時間で効果を得る為には当然部屋よりも大きな適応床面積を持つ空気清浄機が必要です。メーカーや家電量販店では最大適応床面積の半分位の部屋での使用が妥当だとされています。またメーカーサイトやカタログには8畳の部屋の洗浄速度などが書かれいる場合も多いのでチェックしてみましょう。また、タバコや毛の多いペットの場合は空気清浄機が吸った先からどんどん新しいゴミが空気中に出てくるので、少しオーバーな適応床面積の空気清浄機を購入したほうがいいです。
 



サイズ・デザイン

 通販などでは見落としがちですが、空気清浄機は結構大きいです。部屋においた場合は存在感もありますし、前か後ろから排気・呼気をするため壁にピッタリつけることも出来ません(というよりするべきではありません)。なので、通販の方が安いので通販で買うという方も多いと思いますが、一度家電量販店などで本体を見てみるのがいいと思います。最低でも通販サイトやメーカーサイトの外寸をチェックして大きさのイメージはもっておくべきです。
 




おすすめの空気清浄機

 「自分ならこれを買うな」という製品の紹介です。正直考えるのが面倒だという人や、そうでなくてもこれから購入を考えている方は参考にしてみてください。
 

・ペットや介護などで脱臭力重視
 脱臭力なら何と言っても富士通の「DAS-303」が圧倒的です。空気清浄機ではなく同等の機能を持っているのにあえて「脱臭機」として売っているだけのことはあり、脱臭に力をおいた製品になっています。また加湿機能も搭載しています。空気清浄機としての機能は大手メーカーの最新機種に比べるとやや劣ってしまうようですが、かなりちゃんと空気中のホコリなども取れるようです。




 
・タバコ・アレルギー・ウイルス等への対策で総合力重視
 総合的に考えた場合、個人的にはシャープのプラズマクラスター搭載空気清浄機が最も優れていると思います。私自身大手メーカーの空気清浄機をいくつか使いましたが、一番満足度が高かったです。高品質なHEPAフィルター搭載で集塵力も信用でき、プラズマコラスターの効果でアレルゲンやウイルス対策も抜群で美肌効果まであります。メンテナンスもセンサーの所のホコリをを掃除機で吸って、集塵フィルターと脱臭フィルターをエアコンのフィルターのように掃除機でキレイにするだけで非常に楽です。後、地味に大切な事ですが、他社に比べてお洒落なデザインです(笑)
 左の「KC-Z45」は13畳位まで、「KC-Z65」は17畳位まで、「KC-Z80」は21畳までが有効な広さになります。右端の「IG-CC15」はポータブルタイプで、ACアダプタの他にシガーソケット電源がついていて、車内での用途などにおすすめです。